住宅マメ知識

みんな気になる収納について

 この時期、コロナウイルスも日本に上陸してしまい、皆様におかれましてはいかが

お過ごしでしょうか?

 マスクもなかなか手に入らない中、改めて予防について意識し、実行されて

いらっしゃるかと思います。個人的には先月インフルエンザにかかり、今年も早々に

身体を攻撃された営業課のタナカです

 皆様こんにちは

今回は家づくりをするきっかけになったり、計画を進めていくうえでかなり重視される

「収納」についてお話しします

 収納をつくる上では大きく分けて「見せる収納」と「隠す収納」2つの方法が

ございます。

 

①見せる収納

 主にディスプレイと収納を兼ねて物を配置していきます。特に来客があるLDKなどの

部屋では、デザイン性の高い食器や雑貨をオープンの棚やキッチンカウンターの上に飾る

等の工夫をして見せる方法がございます。オープンにする事で扉や引出を付けない分の

コストも抑えられます。物を飾る際はぎっしり置かずにゆとりを持たせた方が雑然と

ならずスマートに見えます。置く物によってはうまく生活感を消す事も出来ますし、

色合いもバランスを考えたコーディネートが出来ると尚、映える空間を作れます。

ダウンロード (4).jpg

②隠す収納

ダウンロード.jpg

 子供のおもちゃや食料品、日用品、電化製品など、生活感が出てしまいがちなアイテム

はカゴやボックスに隠したり、トレーにまとめたりして隠すのがおすすめです。こだわる

のであれば最近の電化製品はお洒落なので、色合いを統一してあえて「見せる」側に

するのもありだと思います。

 又、インテリアの雰囲気に合わない物を隠すだけでも部屋のスッキリ感はアップしま

す。収納を多く作ってとにかく隠してしまうのは簡単ですが、いざ使う時に大変に

ならない様ご注意を!

ダウンロード (1).jpg

 お住まいづくりをお手伝いする中で、特に間取りの打ち合わせにてこの収納問題には

時間をとってお話をしております。注文住宅のウンノハウスならではの様々なご提案を

させて頂くスタッフも揃っていますので、是非ウンノハウスの展示場や建売に足を運んで

頂ければ幸いです

 

 

名 前:田中裕之

所 属:福島支店