スタッフの声

いつでも準備はできている、
という姿勢で

平吹 聡一朗/営業/2019入社/山形

忘れられないのは、やっぱり、初めてお客様からご契約を頂けたときのことです。それは展示場にふらりと来てくださった、私より少し年上のご夫婦でした。家を建てるために購入する土地が決まっていた状態だったので、敷地調査したり、建売住宅をご案内して一緒に見てみたり。あとは実際に、どういう家がほしいのかをお聞きして、プランを提案し、修正を加えて、お金のことを話したり、ということを何度も繰り返して、ようやくのご契約をいただきました。他社にも声をかけていたそうなので、競合がある中、当社を選んでもらえたという手応えもあって…。

後々「なんで決めてくれたんですか?」と聞いてみたところ「平吹さんの人柄もあって」「真摯に、誠実に対応してもらったから」と言ってくださり、認めてもらえた気がして嬉しかったです。当時は、所長から「対応を早く」と助言をもらっていました。だから、スピードだけは強く意識していて、お客様から「ここってどうなんですか?」って聞かれたら即レスポンスしたり、設計担当と相談してプラン提案までの期間を短くしたり、「こっちはいつでも準備できてます!」という姿勢で取り組んできたのが良かったのかもしれません。

大学では建築を学んで、就職活動は最初、ゼネコン狙いでした。でも、ウンノハウス の説明会を聞くうち、中学3年のときの実家の建て替えの記憶が甦ってきて、実家が新しくなる喜びや、日々変わりゆく現場の過程が面白かったことを思い出しました。大学で建築に進んだのも、元をたどれば、そのときの体験と記憶が原点でした。「家づくりは、すごく楽しいこと」だからこそ、今、ウンノハウスの営業をやっています。
当面の目標は、資格の取得です。二級建築士と宅建を取るつもりです。二級建築士を持っている営業は、めずらしいと思うので、差別化になる、強みになる、と目指しているところです。

営業
平吹 聡一朗
2019入社
山形

採用情報|スタッフの声採用情報|スタッフの声

キャリア採用キャリア採用