UNNO HOUSE

ブランドヒストリー

History

Begining

はじまりは、一足の下駄

昭和20年代。創業者・海野林作の歩みは、一足の桐下駄からはじまりました。当時の着物文化と共に日本人の素足によく馴染んだ「木」の下駄は、その後、洋服への変遷によって嗜好品となっていきましたが、「世のため、人様のため」という思想の中で育った海野は、より大きな事業を通じての社会貢献を考え、木へのこだわりと知識のもと、いち早く材木商への事業展開を行いました。

会社概要

  • 1959

    材木販売から住宅そのものヘ

    自然豊かな白鷹町で桐材商から材木商へと事業の端を発した海野は、1959年山形市下条町へ本拠地を移し、株式会社海野材木店を開業します。しかし、本当に自社の製品は喜ばれているのか、世のため人様のために役立つ存在になっているのか、そんな自問自答とさらに大きな夢に向けて、木材の最終商品ともいえる「住宅」そのものを手掛けはじめます。

  • 1962

    いち早く土地付分譲住宅を世に創出

    1962年に販売を開始したのは、県内はもとより全国的にも珍しい土地付分譲住宅でした。当時の業界では奇抜なアイデアと受け止められたこの試みは、完成した最初の3戸が好評の内にたちまち完売したことから、お客様のニーズに合った「住宅事業」の可能性を見出し、その後の事業基盤拡大のなかで、原木から住まいまでの一貫した事業を担う、現在の「ウンノハウス」が誕生しました。

  • 1968

    国境を越えた技術の探求とリーティングカンパニーとしてのはじまり

    日本国内でも工業化住宅(プレハブ住宅)が台頭してきた1968年、海野はアメリカで2×4(ツーバイフォー)工法を視察。木造住宅の新たな可能性をそこに見出して、同工法の国内導入に向けた技術の探究、ならびに関係省庁との手続きや協会の設立などに先導的な役割を果たします。常に時代の先端を見据え、住まいづくりの技術を追求する姿勢が、国内の規制や基準に変化をもたらしたのでした。

  • 1974

    これからは住宅品質でお客様に利益を

    当時の住まいづくりは、木材加工のほとんどが手作業という時代。大工職人の腕により、住宅の品質に差が生じることもありました。そこで、より安定した高品質な住宅部材へと標準化を図るため、1974年「部材プレカット工場」を山形県天童市に新設。「これからは住まいの安全性や居住性、住宅品質でお客様へ利益をお届けする」という強い信念のなかで、いち早く「質の時代へ」の転換を図りました。

  • 1984

    [エポック]軸組壁工法の誕生

    地域ビルダーとしてはいち早く商品開発室を設け、自社プレカット工場の利点を最大限に活かす発想の中で、2×4工法と日本の在来工法を融合させた「軸組壁工法」を完成させ、1984年、建設省「いえづくり'85プロジェクト」提案競技で優秀賞を受賞します。「量から質の時代へ」を謳う国家プロジェクトにおいて、安全・安心への飽くなき追求とこだわりが、独自の高い技術力として認められました。

  • 2008

    創業50周年地域のお客様に支えられて

    1959年の創業以来、住宅業界のリーディングカンパニーとして駆け抜けてきたウンノハウスは2008年、創業50周年の節目を迎えました。お客様、地域の皆様の信頼に支えられ積み重ねた半世紀の実績と経験、そして何よりも、お客様お一人お一人の喜びの笑顔を糧に、私たちはこれからも、家づくりを通じて地域に、社会に必要とされるお客様満足度地域NO.1企業でありたいという思いを新たにしました。そして、私たちが今出来ることをやり続けることで未来の街や人に届きますよう願いを込めて、全社員で森づくりをはじめました。

  • 2009

    あくなき技術の探求
    より安全・安心で高品質な住まい

    独自工法をさらに進化させた「エポックーEX」工法新たな安心基準を提示した免震システム工法住宅そして建築環境・省エネルギー機構「サスティナブル住宅賞」受賞と、お客様満足を追求するウンノハウスの技術は日々進化しています。

  • 2011

    3.11
    未曾有の被害をもたらした東日本大震災

    津波や原発事故による被害もあわせ未曾有の大災害となった東日本大震災。当社が一番大切に考えてきた命を守る強い構造「軸組壁工法」は、震度7と大津波にも怯むことなく耐え抜き、改めて「強い家」への自信を持つことができました。今までもこれからもお客様の命と暮らしを守り続けていきたいと考えています。

    自社プレカット工場に国内初の
    加工機を含むプレカット自動機を導入

    津波や原発事故による被害もあわせ未曾有の大災害となった東日本大震災。当社が一番大切に考えてきた命を守る強い構造「軸組壁工法」は、震度7と大津波にも怯むことなく耐え抜き、改めて「強い家」への自信を持つことができました。今までもこれからもお客様の命と暮らしを守り続けていきたいと考えています。

  • 2018

    本社新社屋を建設

    新社屋では「家づくりの森」をコンセプトとして、木質を感じながらも木の強さや温かみを感じていただくことのできる社屋・ショールームの建設を進めております。新社屋ではより一層のサービス拡充を目指します。

会社概要

Copyright © UNNOHOUSE CO. LTD. All rights reserved.

Follow Me インスタグラム フェイスブック 資料請求 資料請求