スタッフの声

信頼されるための
知識と経験を積み重ねたい

渡邉 紳策/営業/2019入社/山形

今では人懐こいと言われることもある私ですが、高校までは人見知りでした。大学での出会いの中で、いろんな人がいていろんな考えがあるって面白いな、と思うようになりました。それで、就職活動では営業を志望しました。家は一生に一度の買い物と言われるからこそ、お客様との関係が長く続くのは楽しいだろうなと思えました。それがウンノハウスに決めた理由です。

お客様と初めてお会いするときは少し緊張しますが、最初の壁を取り払っていろいろなお話ができる時間はとても楽しいです。お客様も強引な営業に警戒したり不安を抱くと思うので、まずは安心してもらうことに努めます。私のことは「スーツ着て喋ってるだけの人」というくらいに思ってもらえたらいいし、私もお客様のことを、失礼かもしれませんが、あえて「親戚のお兄ちゃんと喋っているくらいの感覚」で接します。

家を新築する、とひと口に言っても、色々あります。土地を探して購入してから建てる人、親御さん所有の土地に建てる人、実家の敷地内に建てる人、新築ではなく建て替えする人…、本当にさまざまなので「こういう場合まず何から取りかかればいいのか」とか「まず最初にお客様にご確認いただかなければならない事柄は何か」が大事になってきます。どこから着手するか、その判断を間違うとお客さんに二度手間三度手間をおかけしてしまうことにもなりかねません。

また、家のことはもちろん、その周辺にある知識も重要です。特に法律とかお金のこととか。ローンひとつとっても、お客様がローンのみを組む場合と、親御さんから援助いただいた場合があったりとか、その金額によって税金に影響があったりと。そういうところでお客様が悩んでいるときにアドバイスできたりすると、グッと信頼感が上がると思っています。経験と知識が豊かな上司を見ると、やっぱりそういう仕事をしています。自分はそのへん、まだまだこれからなんですよね。

営業
渡邉 紳策
2019入社
山形

採用情報|スタッフの声採用情報|スタッフの声

キャリア採用キャリア採用